ダイエット博士ロゴ トップに戻る ダイエット体操 サプリメント ダイエット中の食事 ココロから始めるダイエット 今月のプレゼント ダイエット本を発売 着やせのコツ ダイエットQ&A サークル 栄養成分色々 娯楽ページ ダイエットクラブ  ダイエット5か条 メルマガ 携帯HP 販売規約 ダイエット博士の部屋

新発売の本です!
ダイエット博士のダイエット本・第二弾「よくばりダイエット必勝法」大好評発売中!
ここで説明している内容を1冊の本にまとめました!他にダイエット体操、食事など、情報満載!


ビューティーアドバイスここでは、 もう少し具体的に説明しましょう。

パンツの選び方
パンツを選ぶ時、あなたは、何を基準に選んでいますか?色?デザイン?それから?もちろんサイズ
その時に気をつけるのはどこですか?

ここでは、「スリムに見える」を第一条件としたパンツ選びのコツをお教えしましょう。

色については、前頁で説明しましたので、ここでは省略します。収縮色を選ぶということです。
丈は中途半端な丈ではなく、かかとまである長めの丈のものが おすすめです。

デザインはシンプルで、前後にセンタープレス(折り目)の入ったものなら縦ラインが強調されていいですね。


でも、細く見せたいからと言って、ぴったりフィットするようなスリムパンツを選ぶのは間違いです。脚にフィットするデザインは、脚の形がそのまま表に現れます。脚に自信のある人以外は避けたほうが賢明でしょう。

おすすめは、ほどよいゆとりのある、ストレートタイプです。生地も薄いものより、ある程度しっかりした生地のほうが、直線的でシャープに見えるでしょう。

次に見逃せないポイントが、「後ろポケットの存在」です。

今まで説明してきた「シンプルが基本」と矛盾しているようですが、パンツについては、
この後ろポケットの有無が、重要なのです。

あなたは、女性のヒップラインが妙に気になった事はありませんか?
なぜか、視線が前を歩く女性のヒップにいってしまうのです。一度や二度ではないと思います。

視線が、ヒップに集中してしまうのには理由があります。

その女性のヒップのぜい肉が大きく揺れていたり、下着のラインが くっきりとオモテにまで うつっていたりして、どうしても気になってしまうのです。

パンツルックの女性だけに限らず、タイトスカートの女性も同じです。
少し太めのヒップに、ゆとりのないピチピチサイズを着用していると、一歩足を出すごとに揺れるヒップのぜい肉が まともに表面にひびくのです。

それだけでなく、食い込んだ下着のラインまでもが丸見えでは 視線を外せというのが無理な話でしょう。

そのヒップの肉感が太さを感じさせる大きな原因です。

その原因をうまく取り除くため、後ろポケットが必要なのです。(ポケットは、ジーパンのポケットのように外付けタイプが理想)
後ろポケットぐらいで?と思われるかもしれませんが、これが大きな効果を発揮するのです。

ポケットがあるだけで、下着のラインは目立たなくなりますし、ぜい肉の揺れも抑えられます。

ポケットがあると、生地が二重になり、下着のラインがうつりにくい、ぜい肉の揺れが抑えられるという物理的要因だけではなく、視線が分散されるという視覚的要因もあります。
ポケットの存在が人の視線を外す力を持っているのです。

たとえば、白いブラウスに紅茶のシミをつけてしまった場合と、柄物のブラウスにシミをつけてしまった場合、どちらが、シミが目立つかを、考えれば 理屈は簡単に理解していただけるでしょう。

そこに、同じようにシミはあるのですが、目立つか、目立たないか、は、まわりの条件に大きく左右されるのです。
同じように下着のラインやぜい肉の揺れがあるのですが、目立つか、目立たないか。これは人間の目の錯覚なのです。錯覚を上手に利用して下さい。

ですから、太めさんには、ぜひ後ろポケットのあるパンツを選んでいただきたいと思います。
ただ、後ろポケットがあればいいというものでもありません。
位置も大事です。左右のポケットの間隔が広すぎるものは、ヒップが大きく見えてしまいます。

また、ポケットの位置を、わざとヒップの下の方にずらせてつけてあるデザインパンツもありますが、あまりおすすめできません。
下がったポケットに視線をひっぱられる現象がおき 脚が短く見えてしまいます。
脚が短く見えると 縦のラインを強調出来ず、結果的にスリムに見せることが出来なくなるのです。


バッグ、腕時計などの小物選び
今まで、申しあげてきたことは、直接 身につける洋服についてでしたが、バッグやクツなどの小物はどうでしょう。これにも、スリムに見えるコツなどが、あるのでしょうか。



やはり同じことが言えます。直接、身につけなくても、あなたの外見のイメージを左右するからです。

曲線を多用したデザインのものは、やわらかい、かわいいイメージにつながります。
直線で構成されたデザインのものは、固いシャープなイメージです。

このイメージが大切なことは、「デザイン(形・素材)を選ぶ」のページで説明しましたので、詳しい内容は省略しますが、要するに、シャープなものを選ぶということです。
そうそう、アクセサリーにも同じことがいえますよ。
花などの可愛いモチーフよりは、シャープで幾何学的なタイプを選べば スッキリ見えます。

腕時計もあなたの印象を左右する大切な小道具です。色も形も様々なタイプが出ていますが、何を基準に選んでいますか。
もちろん、その日のファッションに合わせてドレッシーなものから、メンズライクなものまで、その日の気分も含めて、チョイスしているでしょう。

では、スリムに見せたいという条件で考えてみましょう。

スリムに見せたいなら、腕時計は大きめのメンズライクなタイプを選びましょう。
大きめの腕時計をはめると、目の錯覚で腕が華奢に見えるのです。逆に言えば、女らしく見せたいからと、華奢な腕時計をはめると、腕の太さが目立ったりします。

へアスタイルは?
ヘアスタイルも同じです。形でいうなら、曲線よりも直線。ふんわりよりは、しゃきっと。

次に色についてですが、あなたは 髪の色を明るくし過ぎた経験はありませんか?
その時どうでしたか?何だかスッキリしない。そう感じませんでしたか?

もともとスマートな顔立ちで、色の白い人なら そう問題は無いのですが、少し太めで肌の色も黒い人が髪を金髪のように明るくすると 顔(頭)全体のコントラストを失い ぼやけた印象になるせいです。

どういう事かといいますと 肌色と髪の色の明度差が大きいほどコントラストが強くなるのです。



白い肌に黒髪。これが一番コントラストが強く出ます。
黒く焼けた肌に明るい金髪。
これでは、肌の色と髪の色の明度差がなく、コントラストが弱いのです。

コントラストが弱いと 印象がぼやけるのです。ぼやけた印象は 太ってみえる原因になります。

だからといって、真っ黒の髪にする必要はありませんが、髪の色と肌色は明度差がある方が、コントラストがはっきりしてスリム効果が期待できます。

顔の印象は身体全体の印象につながるのです。


意識を変えればキレイに。


「どうせ太っているから」とか「もう歳だから何をやっても一緒よ」とか言ってませんか。
「どうせ」「もう」は今日からやめましょう。
女性は誰でもキレイになれるのです。意識を変えれば必ずキレイになれます。

「どうせ太っているから」という人は 痩せるための努力をしましたか?
「もう歳だから何をしても一緒」という人は 「何か」をやりましたか?

痩せる努力もせず、何もせず、ほったらかしの状態で、好きなようにしていると、太ってしまったり、年齢以上に老けてしまったり・・。
女としての魅力はくすんでしまうかもしれません。

やはり、キレイでいるには それなりの心がまえが必要なのです。

その心がまえの基本は「キレイになりたい」という素直な心と、「あきらめない」という粘り強い心です。
その二つの心を大事にして下さい。

今のあなたが、たとえ、かなりの肥満体型であっても、キレイになりたい心と、あきらめない心を大事にすれば、痩せてキレイになれるのです。
今のあなたが、たとえ 60歳を過ぎていても、このふたつの心を大事にできれば、難なくキレイになれるでしょう。

テレビに出てくる美しい女優さんやモデルさんを見て、ため息をつくことはあっても、腹筋運動はしない。
「この人たちは、生まれが違うから」と 自分とは切り離して考えてしまう。
でも、本当にそうなのでしょうか。
違うのは、「生まれ」なのでしょうか。「生まれ」だけが違うのでしょうか。

確かに、遺伝子の違いはあるでしょう。
私たちは ひとりひとり 異なる顔・身体を持って生まれてきます。顔や身体の部品の形や大きさ、確かに違いはあります。
しかし、それは「個性の違い」であって、決して「美しさの違い」ではないのです。
美しさは 自分で得るものです。天から与えられるものではありません。

ひとりひとりが自分の持って生まれた個性を磨いてゆく。
磨くことで、美しくなれるのです。

魔法使いでもない限り、はじめから、美しい人はいません。
しかしまれに 本当に遺伝子の力で美しい人もいるでしょう。でもその遺伝子の力が効力を発揮できるのも せいぜい25歳ぐらいまででしょう。

それ以降の美しさは 本人次第です。

では、美しくなるために、何をすればよいのか。

分からない人は、まずは姿勢をよくしましょう。女優さんになったつもりで背筋を伸ばしてください。日常の立ち居振る舞いも同じようにしてみましょう。

常に誰かに見られていると意識してみてください。
自然と、がさつで乱暴な動きは減り 次第に美しい動きができるようになるはずです。


同時に、メイクやファッション、ヘアスタイルにいたるまで、今までより研究し手をかけてみましょう。雑誌で研究したり、お友達にアドバイスしてもらったり。

もし あなたの体重が標準より多いようでしたら ダイエットにも真剣に取り組みましょう。エステに通うのもいいですね。スポーツクラブに入会するのもいいですね。

でも、お金をかけなくてもできます。

毎日の運動量を増やすために 車や自転車をやめて歩くとか、毎晩おやすみ前に腹筋運動をする、ストレッチ体操をして身体の新陳代謝を促す、甘いおやつは我慢して摂取カロリーを減らす・・などなど、あなたの意識次第で、ダイエットに限らず、キレイになるための方法は 無限にあるのです。

自分を磨くこと。そうです。自分を磨けるのは、自分しかないのです。他人まかせにしていては いつまでたっても変わりません。

今からでも遅くはありません。
何か行動を起こしてみましょう。ひとつでも、行動に移す。ひとつずつ行動に移す。毎日、続ける。
途中で投げ出さない。

「キレイになりたい」「あきらめない」このふたつの心を大事にして、自分で自分を磨き 美しさを得る。
これが、キレイな女性でいるための一番の近道であり 真実だと思います。


検索エンジンからこのページに来られた方は、ココをクリック。http://www.diet-hakase.com ダイエット博士のトップページに戻ります。