ダイエット博士ロゴ トップに戻る ダイエット体操 サプリメント ダイエット中の食事 ココロから始めるダイエット 今月のプレゼント ダイエット本を発売 着やせのコツ ダイエットQ&A サークル 栄養成分色々 娯楽ページ ダイエット5か条 メルマガ 携帯HP 販売規約 博士の部屋

スリムに見える着痩せのコツ

スリムに見える!着こなしのコツ講座(表紙へ)
■1 色を選ぶ。(収縮色を選ぶ・個性を選ぶ)
■2 たてのラインを強調する。
■3 デザイン(形・素材)を選ぶ。
■4 情報量を減らす(シンプルが基本)

2、たてのラインを強調する。

細く見せるということは、言い換えれば 横幅を抑えて、縦長に見せるということです。

図3を見てください。

同じ形の人形ですが、左の方が縦長に見えませんか。

縦の色違いの線が長さを強調しているのです。

それに比べて、右の人形は真ん中で二つに分断されているので、横幅まで感じさせています。

このことから分かるように、縦長を感じさせるには、できるだけ縦の線を強調することです。

逆に、縦線を分断すればするほど、横幅を感じてしまいます。

図3
例をあげますと、
ブラウスを着て、ベストを着て、ベストの下部にブラウスのすそが出て、スカートをはいて、ふくらはぎ部分の足が見えて、ソックスをはいて、クツをはいている。

どうですか。

縦を分断する横線がたくさんあるでしょう。

おまけに、これらが、まったく違う色だと、横線ばかりが強調され、実際よりも太って見える原因になります。

これを防止するには、まず、横に分断される衣装の組み合わせ・デザインを避けることですが、
手持ちの服を生かしつつ 縦線を強調する簡単なコツがあります。

色を合わせるのです。

なるべく 縦につながる服の色を合わせて下さい。

ブラウスとベストを同じ色にする。

スカートと足とソックスとクツの色を合わせる。

こうすることで、色が縦につながり、横線が目立たなくなります。

でも、一番 簡単なのは、パンツルックかロングのタイトスカートでしょう。

パンツは、中途半端な丈のパンツではなく、かかとまである長さがベストです。

それに、同色のトップを合わせる。

クツも色を合わせたら、お手軽に縦長ラインが作れます。

スカートの時はストッキングやタイツで足の色、クツの色まで合わせたら完璧です。

次へ  ■3  デザイン(形・素材)を選ぶ。  




ダイエット博士のダイエット本・第二弾「よくばりダイエット必勝法」大好評発売中!
ここで説明している内容を1冊の本にまとめました!他にダイエット体操、食事など、情報満載!


検索エンジンからこのページに来られた方は、ココをクリック。http://www.diet-hakase.comダイエット博士のトップページに戻ります。