ダイエット博士ロゴ トップに戻る ダイエット体操 サプリメント ダイエット中の食事 ココロから始めるダイエット 今月のプレゼント ダイエット本を発売 着やせのコツ ダイエットQ&A サークル 栄養成分色々 娯楽ページ ダイエット5か条 メルマガ 携帯HP 販売規約 博士の部屋

スリムに見える着痩せのコツ

スリムに見える!着こなしのコツ講座(表紙へ)
■1 色を選ぶ。(収縮色を選ぶ・個性を選ぶ)
■2 たてのラインを強調する。
■3 デザイン(形・素材)を選ぶ。
■4 情報量を減らす(シンプルが基本)

3、デザイン(形・素材)を選ぶ。

洋服には色々なデザインがあります。

ドレッシーなデザイン、スポーツカジュアル、フェミニン、かっちりスーツ系、可愛い甘口タイプ、きりっと辛口タイプ・・。

どれを選ぶかは、それぞれの人の趣味、嗜好に左右されますが、少しでも細く見せたいならデザイン選びが大事です。

人が、形、デザインから受ける感覚は、人によって違いますが 一般的なところでは下の表のようになります。

細さを感じる 直線的、鋭角的、シャープ、冷たい色、幾何学的、無機質、硬い、風通しが良い、軽い感じのもの、あっさり、
太さを感じる 肉感のあるもの、曲線、丸を連想させるもの、まるい、温かい色、柔らかい、張り付いている、大きく重い印象のもの、むっちり、


これらから分かるように、

細く見せるには、なるべくシャープな印象の洋服を選ぶと良いでしょう。

具体的には、丸い襟のシャツより、とがった角襟のシャツ。

丸首よりは、V首やスクエアなど直線的なもの。

ギャザースカートより、タイトスカート。

フリルのついてるものより、ついていないもの。

身体に添うニットより、カッチリとしたハリのあるシャツ。

柄物であれば、曲線の多いものより、直線的なもの。

柄だけでなく、全体的な印象として、曲線のものではなく、直線的なものを選ぶのがコツです。


洋服のデザインだけでなく、素材も重要です。

見る人の印象を大きく左右します。
なるべく 生地自体にハリのある物を選びましょう。

柔らかなニットは 女性らしく見えるアイテムですが、逆に言えば、肉感を感じさせる要注意アイテムでもあります。

太めの人は、なるべく避けた方が賢明です。

どうしても、ニットが着たいなら、色を収縮色の物にしましょう。
収縮色ナンバーワンの黒を選べばいいでしょう。

黒は光を吸収し あまり肉感を感じさせません。
ただし 黒は黒でも、光沢のある黒は光を反射し、肉感が出てしまいますから 気をつけてください。

次へ ■4 情報量を減らす(シンプルが基本)



ダイエット博士のダイエット本・第二弾「よくばりダイエット必勝法」大好評発売中!
ここで説明している内容を1冊の本にまとめました!他にダイエット体操、食事など、情報満載!


検索エンジンからこのページに来られた方は、ココをクリック。http://www.diet-hakase.comダイエット博士のトップページに戻ります。