成分名 食物繊維(水溶性、不溶性)
効果 肥満予防、便秘改善、コレステロール値改善、生活習慣病予防、等
こんな人に ダイエットをしてる人、コレステロール値が気になる人、便秘がちな人、生活習慣病が気になる人、
説明 *水を含むと腸内で膨張する作用があり、腸壁を刺激して便通を促し便秘に効果があります。さらに、腸内での滞留時間が短縮されるので、大腸ガンの予防にもなります。
*糖分の吸収を緩やかにして、血糖値の急激な上昇を妨げ、糖尿病の予防にもなります。
*農薬や食品添加物などの有害物質や老廃物を、体外に排出するともいわれています。
*食物繊維は、水に溶ける水溶性と水に溶けない不溶性の2種類に分けられます。水溶性食物繊維は、昆布やワカメなどのヌルヌルした部分の成分であるアルギン酸など。不水溶性食物繊維は、細胞壁の構成成分である多糖類のセルロースや、カニなどの殻に含まれるキチン、豆類に含まれるヘミセルロースです。
多く含まれる食品 こんにゃく、ごぼう、さつまいも、切り干し大根、あずきや大豆などの豆類、おから、など。
不足すると 食べすぎ、便秘、腸の疾患、痔、美容障害、高血圧、高コレステロール、糖尿病、など。
関連商品 <ダイエット補助食品。タブレット>